4K+ボイススルーでPS4との接続簡単キャプチャーボード『GV-US2C/HD』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
GV-US2C/HD

 アイ・オー・データ機器は、HDMIキャプチャーボード『GV-US2C/HD』を6月下旬に発売します。

性能低いPCでも使えるハードウェア方式、フルHD/60p録画・配信対応、4K/60pパススルーとボイススルー対応の高性能キャプチャーボードになります。

価格は23,200円(税別)。

高性能PC不要! Core i3‐2120以上(Core i3‐2330M以上)で大丈夫なハードウェアエンコード方式

 キャプチャーボード『GV-US2C/HD』の動作環境・PCの性能は低くても大丈夫です。デスクトップなら「Intel 第2世代 Core i3‐2120以上」、ノートPCなら「Intel 第2世代 Core i3‐2330M以上」で動作します。

ソフトウェアエンコード方式の場合は「Core i5以上」が求められますから、『GV-US2C/HD』はキャプチャーボード導入のハードルが低いありがたい製品になります。

PS4 SwitchもフルHD録画・ライブ配信できる

 フルHDの映像は、HDの2.25倍、地デジの約1.3倍大きい静止画です。PS4とSwitchは、HDや地デジよりもきめ細やかな映像でゲームすることが可能です。

しかしPS4のシェア機能では、録画もライブ配信も画質がフルHDからHD(1280 × 720)に下げられてしまいます。輪郭がカクカクした、ボヤけたような映像で配信されるのです。

Switchの場合はもっとひどく、HD(1280 × 720)解像度での録画しかできません。ライブ配信は不可です。

そこで登場するのがキャプチャーボードの『GV-US2C/HD』になります。『GV-US2C/HD』があれば、PS4とSwitchの映像をフルHD解像度のままPCに出力可能です。

フルHDのきめ細やかな画質で、録画・ライブ配信できるのです。Switch単体ではライブ配信できませんでしたが、『GV-US2C/HD』とPCがあればライブ配信も可能になります。

PS4 Pro・PS4・Switch3種とも60fpsの滑らかな映像を録画できる

 PS4 Proは1秒間を60枚の4K静止画で描画できます。PS4とSwitchは1秒間を60枚のフルHD静止画で描画可能。

しかしPS4 Pro・PS4・Switch3種とも、それぞれの録画機能で録画すると、フレームレートが60fpsから30fpsに制限されます。

1秒間が30枚の静止画になってしまうのです。ここでパラパラ漫画を想像してみてください。1秒間30枚と60枚、どちらの映像の方が滑らかに動くでしょうか。

お分かりかと思いますが当然60fpsです。30fpsだと動きがカクカクして見えます。せっかくのプレイ動画が残念なことになるのです。

『GV-US2C/HD』があればそんな劣化はありません。PS4 Pro・PS4・Switch3種とも、フルHD/60fpsで録画されますので映像滑らかです。

PS4 Proなら4K/60pパススルー PS4・SwitchならフルHD/60pパススルーの遅延無い映像でゲームできる

 ハードウェアエンコード方式のキャプチャーボードの欠点は映像遅延です。1秒間が60枚のフルHD60枚で構成される映像。

そして1秒間に何万もの音声データで構成されるゲーム音とあなたの声とボイスチャットの仲間の声。

これだけ重たく大きな動画と音声をそのまま押入れに収納するわけにはいきません。なぜならそれではすぐに押し入れがいっぱいになってしまうからです。

また動画と音声の押入れには「形式」という形があります。5cm×5cmのケーズには5cm×5cm以下のものしか入れることができないのと同様です。

このような理由からキャプチャーボードは、動画と音声を圧縮・変換する作業を行なっているのです。とても大変です。

そのため圧縮・変換作業に時間を必要とします。そのため『GV-US2C/HD』と接続したPCに出力される映像と音声には遅延が発生します。

簡単にいうと、PCの画面に映る映像と、PCから聞こえる音声でゲームすると圧倒的不利で、いつものようなパフォーマンスでゲームできなくなってしまうのです。

ですから思うような動きや活躍ができず、配信できるようなプレイレベルではなくなってしまうのです。

それを回避するため、PCには録画・ライブ配信に必要な圧縮・変換を行なった遅延ある映像を出力。

それと同時にテレビ(モニター)には、圧縮・変換せずそのまま素通りさせた、遅延がほとんどない映像・音声を出力します。

キャプチャーボードを使わない場合はテレビ(モニター)にだけ、普通にキャプチャーボードを使う場合にはPCにだけ映像・音声が出力されますが、パススルー機能を使う場合にはテレビ(モニター)とPC両方に映像・音声が出力される形です。

PCへの出力は録画・ライブ配信用、テレビ(モニター)への出力は自分がゲームする用です。遅延無いテレビ(モニター)の映像・音声でゲームできるので、いつものパフォーマンスを発揮した映像の配信が可能となります。

『GV-US2C/HD』は、4K/60fpsのパススルーにも対応しますので、PS4 Proの美しく滑らかで遅延無い映像でゲームできます。

またフルHD/60fpsのパススルーにも対応しますので、PS4・Switchの美しく滑らかで遅延無い映像でゲーム可能です。

ただし残念ながら4KパススルーはHDR非対応になります。

ゲーム実況やボイスチャット付きマルチプレイ動画の録画・配信の接続がシンプルになるボイススルー機能搭載

ゲーム実況やボイスチャット付きマルチプレイ動画の録画・配信の接続がシンプルになるボイススルー機能

出典:www.iodata.jp

 これはとてもとても便利な機能です。ゲームの映像・音声を遅延なく出力するパススルー機能の他に、収録した自分の声のパススルー機能まで搭載されているのです。

これがどれだけ便利な機能であるのかをご説明したいと思います。

ゲーム実況する際の接続がシンプルに

PS4パーティとのボイスチャット内容のうち、自分の声だけプレイ動画と一緒に配信する接続方法(パススルー)

 ゲーム実況する場合、自分の声も収録しなければなりませんので、PCにヘッドセットを接続しなければなりません。

ヘッドセットに搭載されるマイクから自分の声を集音するのです。しかしこの接続では問題が生じます。PCに出力される音声には遅延があるからです。

パススルー機能を使ってテレビ(モニター)にも映像・音声を出力して、テレビ(モニター)にヘッドフォンを接続。PCにはマイクを接続したらどうでしょうか。

これなら、遅延無い映像・音声でゲームしながら、自分の声だけはPCに接続したマイクから集音することが可能になります。

『GV-US2C/HD』の場合、『GV-US2C/HD』にヘッドセットを一つ接続すれば解決できます。スピーカーからはPS4やSwitchの音声が遅延なく聞こえます。

あなたの声の集音は、ヘッドセットのマイクが行い、『GV-US2C/HD』がPCに届けてくれます。

ただし、実況向けのいいマイクを個別に使いたい場合には、最初にご説明した、テレビ(モニター)にヘッドセットまたはヘッドホン、PCに直接そのいいマイクを接続する方法になるかと思います。

ボイスチャット付きマルチプレイ動画の接続もシンプルに

 PS4でのボイスチャット音声と、ゲームの映像・音声を録画・配信する場合の接続が最も複雑になります。

ゲーム実況のようにPCにマイクを接続すると、PS4の機能を使ったボイスチャットができなくなってしまうからです。

逆にPS4にマイクを接続すると、PS4の機能で仲間とボイスチャットはできますが、キャプチャーボード経由であなたの声はPCに出力されませんので、ゲーム音と仲間の声だけが配信されてしまいます。

そのためどちらかを選ぶしかありません。PCで使えるチャットアプリ、例えば「Discord」や「Skype」を使ったボイスチャットを仲間にお願いするのが一つの方法。

もう一つは自分だけが不便を被る方法。PS4とPCにマイクを接続して、さらにテレビ(モニター)にヘッドホンを接続する方法です。

PS4に付属されるマイク付きイヤホンをPS4に接続して首にかけます。これはPS4の機能で仲間とボイスチャットする用です。

次にPCに接続するマイクは、録画・ライブ配信用にあなたの声を集音するためです。あなたの声はマイク2つで、それぞれ別個で集音するわけです。

テレビ(モニター)にヘッドホンを接続する理由は、遅延無い音声でゲームをするためです。あなたの頭・首周り、身の回りは大変なことになってしまいます。

『GV-US2C/HD』の場合それもシンプルに解消できます。ヘッドセットとPS4コントローラーの両方を『GV-US2C/HD』に接続するだけ。

これだけで、PS4のボイスチャット機能を使いつつ、自分の声も録音・ライブ配信可能とし、しかも遅延無いゲーム音声でゲームすることが可能になります。

どうゆうことかというと、PS4のゲーム音と仲間の声は、パススルーで遅延なく接続するヘッドホンスピーカーから聞くことができます。

ヘッドセット搭載マイクが集音したあなたの声は、『GV-US2C/HD』がPCに出力すると同時に、接続済のPS4コントローラー経由でPS4にもパススルー機能で出力されます。

接続があっさり、シンプルになります。とっても便利すぎる機能です。

※ボイススルー機能を使用する場合は、コントローラーと『GV-US2C/HD』を添付のオーディオケーブルで接続する必要があります。

PCがなくても録画可能 最大128GBのSDカードに対応

 『GV-US2C/HD』にはSDカードの挿入口が用意されています。ここにご自身で別途購入したSDカードを挿入すれば、PCに接続しなくてもSDカードに直接録画することが可能。

録画のハードルがとても低いのでプレイ動画の配信回数が増加しそうです。

動画の保存先にPC接続のUSBハードディスクに指定できる

 『GV-US2C/HD』がキャプチャーした動画の保存先に、PC接続のUSBハードディスクを選択できます。プレイ動画専用のHDDを用意したらとても便利です。

字幕やタイトル挿入、エフェクト追加カンタンなビデオ編集ソフトCyberLink「PowerDirector 15 for I-O DATA」添付

 『GV-US2C/HD』には、国内販売本数No.1のビデオ編集ソフトCyberLink「PowerDirector 15 for I-O DATA」が添付されています。

録画した映像をパソコン上でカットしたり、字幕やタイトルを挿入したり、スローモーションなどのエフェクトを使ったりの編集作業が、初心者でもとてもカンタン。

その他の編集ソフト「OBS Studio」や「XSplit Broadcaster」にも対応

 『GV-US2C/HD』がキャプチャーした動画を編集できるかどうか動作確認が行われた編集ソフトは、2019年5月22日時点で「OBS Studio」と「XSplit Broadcaster」の2つだそうです。

すでに「OBS Studio」や「XSplit Broadcaster」に使い慣れているベテランの方でも安心して『GV-US2C/HD』を購入できます。

『GV-US2C/HD』仕様

製品の詳細・仕様
映像記録解像度/フレームレート
  • フルHD(1920 × 1080) / 60fps 30fps
  • HD(1280×720p) / 60fps
  • 720×480p / 60fps
映像記録保存形式
  • PC録画:MPEG-4 AVC/H.264(MP4)
  • 単体録画:MPEG-4 AVC/H.264(MOV)
映像記録ビットレート
  • PC録画:30/24/18/16/12/8/4/2 Mbps
  • 単体録画:20/16/12/8/4/2 Mbps
音声記録保存形式 AAC
音声記録ビットレート
  • PC録画:128kbps
  • 単体録画:256kbps
音声記録サンプリングレート 48kHz
静止画記録保存形式 BITMAP/JPEG/PNG/TIFF
静止画記録キャプチャサイズ 1920×1080/1280×720/720×480
HDMI対応入力解像度
  • 640×480
  • 720×480
  • 1280×720
  • 1366×768
  • 1920×1080
  • 3840×2160
HDMI対応入力フレームレート 24/30/60fps
HDMI対応出力解像度(パススルー)
  • 640×480
  • 720×480
  • 1280×720
  • 1366×768
  • 1920×1080
  • 3840×2160
HDMI対応出力フレームレート(パススルー) 24/30/60fps
エンコード ハードウェア
ゲーム機との接続 HDMI(HDCPパススルーのみ対応)
動作確認済みゲーム機 PS4Pro、PS4、PSClassic、NintendoSwitch、XboxOneS、NintendoClassicMiniFamilyComputer、NintendoClassicMiniSuperFamicom、NeogeoMini など
PCとの接続
  • USB 2.0 Type-C×1
  • USBケーブル(C-C USB 2.0 約1m)×1
  • USBケーブル(C-A USB 2.0 約1m)×1
対応OS Windows 10 October 2018 Update (バージョン 1809) ※1/Windows 10 April 2018 Update (バージョン 1803) ※1/Windows 8.1(64ビット)/Windows 7(64ビット)
デスクトップパソコン動作環境
  • CPU:Intel 第2世代 Core i3‐2120以上(推奨:Core i5‐2400以上)
  • メモリ:4GB以上(推奨:8GB以上)
  • グラフィック:Intel HD Graphics 2000以上、NVIDIA GeForce GT 440以上
  • モニター画面解像度:1280×720以上
ノートパソコン動作環境
  • CPU:Intel 第2世代 Core i3‐2330M以上(推奨:Core i5‐2410M以上)
  • メモリ:4GB以上(推奨:8GB以上)
  • グラフィック:Intel HD Graphics 2000以上、NVIDIA GeForce GT 540M以上
  • モニター画面解像度:1280×720以上
対応メディア
  • 対応カード : SDカード、SDHCカード、SDXCカード
  • スピード : Class 2~10、UHS-Ⅰ スピードクラス1~3
  • 大容量:128GB
入力端子
  • HDMI×1(HDCPパススルーのみ対応)
  • ヘッドセット端子:3.5mm 4極ミニジャック×1(CTIA規格基準)※マイク入力
  • パーティーチャット端子:3.5mm 4極ミニジャック×1(CTIA規格基準)※ゲーム入力
出力端子
  • HDMI×1(HDCPパススルーのみ対応)
  • ヘッドセット端子:3.5mm 4極ミニジャック×1(CTIA規格基準)※ヘッドフォン出力
  • パーティーチャット端子:3.5mm 4極ミニジャック×1(CTIA規格基準)※マイク出力
添付ソフト
  • 録画・ライブ配信ソフト 「I-O DATA HD Live Capture」
  • ビデオ編集ソフト CyberLink 「PowerDirector 15 for I-O DATA」
外形寸法 約129(W)×27(D)×74(H)mm (コネクターおよび突起部含まず)
質量 約130g
電源 USB BUS POWER(DC 5V)、ACアダプター(別売)
使用温度範囲 0~40℃
使用湿度範囲 20~80%(結露なきこと)
保証期間 1年間
各種取得規格 VCCI Class B、RoHS指令準拠(10物質)
添付品 HDMIケーブル(約1.5m)×1、4極 3.5mm ステレオオーディオケーブル(約1.5m)×1、USBケーブル(C-C USB 2.0 約1m)×1、USBケーブル(C-A USB 2.0 約1m)×1、取扱説明書
クレジット COPYRIGHT © I-O DATA DEVICE, INC.

※価格は24時間以内に情報を取得した時点のものであり変更される場合があります。購入においてはAmazon.co.jpに表示されている価格の情報が適用されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。