おすすめのゲーミング ローデスク11選-2021年最新

 ベッド、テレビ台、ソファ、そしてゲーミングデスクなど、すべての家具を低めにすると圧迫感が少なく狭い部屋でも広く感じさせることができます。

また日本人の多くは地べた、座布団、座椅子に座っている方が椅子やソファに座っているより安心してゲームできます。

そこで今回は、ゲーミング ローデスクの選び方おすすめのゲーミング ローデスクをご紹介したいと思います。

ロジクールG933s

最大11.1chサラウンド ワイヤレスヘッドセット『ロジクールG933s』


  • ユーザーアンケートを基に開発
  • 遅延心配ない2.4GHz独自ワイヤレス
  • 3.5mm 4極プラグ接続も可能
  • ワイヤレス+3.5mm接続の音声ミックス可能
  • 快適性と耐久性を追求 90度回転イヤーカップ
  • ロジテック独自開発50mm PRO-Gドライバー
  • 3D立体音響DTS Headphone:X 2.0対応
  • 連動するRGBライティング
  • 最大12時間長寿命バッテリー

ゲーミング ローデスクの選び方

必ず耐荷重をチェックする

デバイス重さ(Kg)
24インチモニター5~6
27インチモニター7~8
32インチモニター8~9
モニターアーム6~7
キーボード約1
旧PS42.5~2.8
PS4 Slim約2
PS4 Pro約3.3
PS5デジタル約3.9
PS5約4.5
24インチモニター
モニターアーム
キーボード
PS5
約19
24インチモニター×2
モニターアーム
キーボード
PS5
約25
24インチモニター×3
モニターアーム
キーボード
PS5
約31

 ローデスクを購入する際には特に耐荷重に注意しましょう。ローデスクは通常の高さを有するデスクと異なり折り畳み可能な華奢な製品も多く販売されています。

そのため耐荷重が軽くてモニターとPlayStationだけ置いただけでもうギリギリといった製品も少なくありません。上にのせているものが耐荷重を超えると破損の危険がありますしすぐに故障してしまいます。

ローデスクをどのように使うのかによりますが、将来的にデバイスを充実させていくことを考慮すると最低でも耐荷重30Kgは欲しいところ。

またローデスクに体重をかけて立ち上がる癖がある方はご注意を。つい体重を乗せて立ち上がるとそのままデスクがつぶれてしまい、上に乗ったデバイスも故障、足の甲が下敷きになって怪我をするなんて危険まであります。

天板サイズをチェックする

画面サイズシングル-幅(cm)デュアル-幅(cm)トリプル-幅(cm)
24インチ約50約100約150
27インチ約60約120約180
32インチ約70約140約210

 ゲーミングローデスクとしておすすめの天板サイズは幅120cm以上、奥行き60cm以上です。

上の表を見ていただくとわかる通りゲーミングモニターとして最も人気のサイズ24インチモニターを2台設置しても両サイドに小さなスピーカーを設置する余裕があるからです。

120cm幅と聞くと広く感じるかもしれませんが、実際に24インチモニター1台、小さなスピーカー、キーボード、PS5と置いてみると意外にも「思ったより狭いな」と感じるからです。

とはいえ確保できるスペースは人それぞれですので、もし120cm未満のローデスクしか設置できないような場合にはできる限り奥行の広いローデスクを選ぶようにしましょう。

奥行きが広ければモニターの裏にPS5なり、その他のデバイスを置くことが可能です。

足を延ばすことができるかチェックする

 一般的な高さあるデスクの場合足を延ばせるかどうかはそこまで重要ではありません。椅子の高さがあるので、オットマンを使わない限りはデスクの裏から足が出てしまう恐れが少ないからです。

仮にデスクの裏から足が出てしまうような場合であっても、デスクの裏側がすべて閉じている製品はそこまで多くありません。ぐらつき防止のために板をつけているのであれば裏側全面覆う必要がないからです。

一方ローデスクにてゲームをする場合には座椅子などに座ってゲームするかと思います。正座でしかゲームしない。胡坐でしかゲームしない。といった方は少ないかと思います。

胡坐をかいたり、膝を立てたり、最も多いのが足をまっすぐ伸ばしてゲームする方なのではないでしょうか。

ローデスクの中にはぐらつき防止のため、もしくは耐久性を上げるためにデスクの裏に板やクロスバーをつけている製品もあります。その場合ローデスクは背が低いので足を延ばすことができなくなります。

足を通せるくらいの隙間があるタイプもありますが、その場合には足を隙間に通すとき、立ち上がる時に脚をぶつけないよう気を付けなければなりません。

高さをチェックする(高さ調節できる製品がおすすめ)

お尻の下高さ
座布団5cm未満
座椅子10cm前後
ゲーミング座椅子20cm前後

 一般的な高さあるデスクの場合デスクの高さが調節できなかったとしても、ほとんどの椅子が高さ調節できるため椅子を調整することで何とか自分にとって使いやすい高さにできます。

しかしローデスクの場合にはそうはいきません。床にそのまま座る場合、座布団の上に座る場合、座椅子に座る場合、ゲーミング座椅子に座る場合と高さがかなり変わってしまうのに、椅子の高さは調整できないのです。

そのためデスクの方の高さ調節できないと椅子が変わるたびにデスク下のスペース事情が変わってきます。一般的な座椅子であっても安いものはクッションが薄っぺらく、高価なものはクッションが分厚いので高さがかなり違います。

ゲーミング座椅子の場合には回転台がついていたり、キャスターがついていたりするので一般的な座椅子以上に高さが違います。椅子そのもののクッションの厚さも一般的な座椅子以上です。

ですから通常の高さのローデスクだと太もも、もしくはお腹のお肉でデスクを持ち上げてしまうなんてことにもなりえます。

ローテーブルはゲーミングには合わないので注意

テーブル・デスク高さ
折り畳み式の安いローテーブル30cm前後
しっかりしたつくりのローテーブル30~40
ローデスク35~40

 テーブルとデスクでは用途が違います。テーブルの場合カップやお菓子などを置くために使うので高さが低め。テーブルの向こうにあるテレビなどを遮るほどの高さはありません。

一方デスクの場合には天板の上で作業をするのでテーブルに比べて高めです。そのため安いからといってローテーブルを購入すると確実に後悔するので注意しましょう。ローテーブルでは耐荷重の問題もあります。

ローデスクであれば高さ10cmの座椅子に座って使ってもデスク下のスペースは確保できます。とはいえ使いやすいとは言えませんので、高さ調整できないローデスクであれば40cm以上ある製品が欲しいところ。

昇降式ローデスクならゲーミング座椅子でも使いやすい

テーブル・デスク高さ
ローデスク35~40
昇降式ローデスク35~45に調節可能
昇降式ゲーミングローデスク40~50に調節可能

 昇降式ローデスクであれば床に、座布団に、座椅子に、ゲーミング座椅子に、どのような座り方であってもゲームしやすい高さに調整可能です。

おすすめのゲーミング ローデスク11選

Bauhutte(バウヒュッテ) SAゲーミングデスク ミドルタイプ BHD-1200SAM

  • 120cm×60cm
  • ガス圧式の無段階昇降
  • 高さ:55~80cm(無段階)
  • ゲーミング座椅子と椅子(ゲーミングチェア等)向けの高さ
  • 耐荷重:80Kg
  • 足を延ばせる

 もっともおすすめできるゲーミングローデスク。ゲーミング座椅子とゲーミングチェア両方で使える高さに調整可能です。ただし厚さ10cm程度の座椅子で使うには人によってはデスクが高すぎるので注意。

SAKODA ゲーミングデスク ミドルタイプ

  • 120cm×60cm
  • ガス圧式の無段階昇降なのに29,800円
  • 高さ:55~80cm(無段階)
  • ゲーミング座椅子と椅子(ゲーミングチェア等)向けの高さ
  • 耐荷重:100Kg
  • ケーブル配線スリット付き天板
  • 足を延ばせる

 このゲーミングローデスク、バウヒュッテのSAゲーミングデスク ミドルタイプ BHD-1200SAMにそっくりかつコスパ最強。ガス圧式の無段階昇降で、天板サイズのみならず高さまで一緒。見た目も似ています。

違いは天板の奥にケーブル配線スリットがあるところ。そのため壁にぴったりつけてもケーブル類を通せます。耐荷重も100KgとBHD-1200SAMより優秀。無名のブランドというところだけがネックの隠れた良い製品。

Bauhutte(バウヒュッテ) SAゲーミングデスク ロータイプ BHD-1200SAL

  • 120cm×60cm
  • ガス圧式の無段階昇降
  • 高さ:37~50cm(無段階)
  • 座布団、座椅子、ゲーミング座椅子向けの高さ
  • 耐荷重:80Kg
  • 足を延ばせる

 2番目におすすめできるゲーミングローデスク。座布団、座椅子、ゲーミング座椅子向けの高さに調整可能です。

SAKODA ゲーミングデスク ロータイプ

  • 120cm×60cm
  • ガス圧式の無段階昇降なのに29,800円
  • 高さ:38~51cm(無段階)
  • 座布団、座椅子、ゲーミング座椅子向けの高さ
  • 耐荷重:100Kg
  • ケーブル配線スリット付き天板
  • 足を延ばせる

 このゲーミングローデスク、バウヒュッテのSAゲーミングデスク ロータイプ BHD-1200SALにそっくりかつコスパ最強。ガス圧式の無段階昇降。見た目も似ています。

違いは高さと天板の奥にケーブル配線スリットがあるところ。壁にぴったりつけてもケーブル類を通せます。耐荷重も100KgとBHD-1200SALより優秀。無名のブランドというところだけがネックの隠れた良い製品。

Need ゲーミングローデスク ‎AC14CB-P2

  • 152.4×60cmと120cm×60cmの2種類から選べる
  • 高さ調節不可 39cm固定
  • 座布団、座椅子向けの高さ(ゲーミング座椅子も可)
  • 耐荷重:100Kg
  • 頑丈過ぎるつくり(高さ調節ネジ/三角型補強フレーム/4cm幅スチールフレーム/1.2mm厚スチール)
  • モニター台/ヘッドホンラック/ゲームグリップラック/配線コード専用ラック/カップホルダー/ドリンクホルダーとゲーム向けの工夫がたくさん
  • LEDマウスパッド付き
  • 足を延ばせる

 手締めネジ式でもよいので高さ調節ができたなら、一番におすすめしたかったゲーミングローデスク。Need ゲーミングローデスク ‎AC14CB-P2だけ買えば、その他の小物は必要ありません。

ゲームするうえでほしくなる小物を別に買わなくてもほぼすべてが揃います。

Bauhutte(バウヒュッテ) ローデスク BHD-700L / 1000L / 1200L

  • 120cm×55cm、100×60cm、70×45cm(キーボードスライダー付き) 3種類から選べる
  • ストッパーで高さ調節
  • 高さ:39~48.5cm(無段階)
  • 座布団、座椅子、ゲーミング座椅子向けの高さ
  • 耐荷重:40Kg
  • 足を延ばせる

 信頼と信用あついBauhutte(バウヒュッテ)のデスクを1.7~2.4万円で購入できます。ガス圧式ではない分低価格。

ストッパーをひねるだけで高さ調整できるのでガス圧式ではなくとも頻繁に高さ調整しやすい構造。70cmサイズは奥行きが45cmと心もとないように感じますがキーボードスライダー付きなので、実質60cm以上の奥行きがあるのと同じ。

DORIS ゲーミングローデスク デンディ

  • 110cm×65cm
  • 手締めネジ
  • 高さ:42~52cm(3段階)
  • 座布団、座椅子、ゲーミング座椅子向けの高さ
  • 14段階調節可能なキーボード天板
  • 耐荷重:20Kg
  • ヘッドホンラック/小物ラック/配線コード専用ラック/2口コンセント付き
  • 足を延ばせる

 コスパとしてはSAKODA ゲーミングデスクと張るのではないでしょうか。14段階調節可能なキーボード天板/ヘッドホンラック/小物ラック/配線コード専用ラック/2口コンセント付きと多機能なのにこの価格。

バウヒュッテのストッパーには劣りますが、手締めネジ式の高さ調節機能が搭載されているので座布団、座椅子、ゲーミング座椅子と座るアイテムに合わせた高さ調節が行えます。

サンワサプライ ローデスク 100-DESKL009M

  • 95cm×45cm
  • ネジで高さ調節
  • 高さ:40~55cm(3段階)
  • 座布団 or 座椅子 or ゲーミング座椅子向けの高さ
  • 耐荷重:30Kg
  • ケーブル配線口/電源タップラック付き
  • 足を延ばせる

 サンワサプライの製品はただ安いだけでなくきめ細やか。9,000円以下にもかかわらずケーブル配線口や電源タップラックがついていますので使いやすいローデスク。

高さ調整可能ですが、六角レンチにてネジを固定するタイプなので組み立てるときに一度好みのサイズにしたらカンタンには高さ調節できません。

おすすめのゲーミング ローデスク 16選比較

SAKODA ゲーミングデスク ミドルタイプ
販売価格:Amazon29,800円
耐荷重:100Kg | 天板の幅:120cm | 天板の奥行:60cm | 自分の足:延ばせる | 高さ:55~80cm(無段階) | 昇降方式:ガス圧式 | ぐらつき防止:高さ調節ネジ/天板裏パイプ | 収納:ケーブル配線スリット
SAKODA ゲーミングデスク ロータイプ
販売価格:Amazon29,800円
耐荷重:100Kg | 天板の幅:120cm | 天板の奥行:60cm | 自分の足:延ばせる | 高さ:38~51cm(無段階) | 昇降方式:ガス圧式 | ぐらつき防止:高さ調節ネジ/天板裏パイプ | 収納:ケーブル配線スリット
Bauhutte(バウヒュッテ) SAゲーミングデスク ミドルタイプ BHD-1200SAM
販売価格:Amazon53,279円
耐荷重:80Kg | 天板の幅:120cm | 天板の奥行:60cm | 自分の足:延ばせる | 高さ:55~80cm(無段階) | 昇降方式:ガス圧式 | ぐらつき防止:高さ調節ネジ | 収納:×
Bauhutte(バウヒュッテ) SAゲーミングデスク ロータイプ BHD-1200SAL
販売価格:Amazon53,053円
耐荷重:80Kg | 天板の幅:120cm | 天板の奥行:60cm | 自分の足:延ばせる | 高さ:37~50cm(無段階) | 昇降方式:ガス圧式 | ぐらつき防止:高さ調節ネジ | 収納:×
Need ゲーミングローデスク ‎AC14CB-P2 152.4×39cm
販売価格:Amazon18,990円
耐荷重:100Kg | 天板の幅:152.4cm | 天板の奥行:60cm | 自分の足:延ばせる | 高さ:39cm | 昇降方式:× | ぐらつき防止:高さ調節ネジ/三角型補強フレーム/4cm幅スチールフレーム/1.2mm厚スチール | 収納:モニター台/ヘッドホンラック/ゲームグリップラック/配線コード専用ラック/カップホルダー/ドリンクホルダー
Need ゲーミングローデスク ‎AC14CB-P2 120×39cm
販売価格:Amazon16,990円
耐荷重:100Kg | 天板の幅:120cm | 天板の奥行:60cm | 自分の足:延ばせる | 高さ:39cm | 昇降方式:× | ぐらつき防止:高さ調節ネジ/三角型補強フレーム/4cm幅スチールフレーム/1.2mm厚スチール | 収納:モニター台/ヘッドホンラック/ゲームグリップラック/配線コード専用ラック/カップホルダー/ドリンクホルダー
Bauhutte(バウヒュッテ) ローデスク BHD-1200L
販売価格:Amazon21,995円
耐荷重:40Kg | 天板の幅:120cm | 天板の奥行:55cm | 自分の足:クロスバーを付けなければ延ばせる | 高さ:39~48.5cm(無段階) | 昇降方式:ストッパー | ぐらつき防止:支柱4本/背部パイプ/高さ調節ネジ/クロスバー(着脱可) | 収納:パンチングボード
Bauhutte(バウヒュッテ) ローデスク BHD-1000L
販売価格:Amazon21,995円
耐荷重:40Kg | 天板の幅:100cm | 天板の奥行:60cm | 自分の足:クロスバーを付けなければ延ばせる | 高さ:39~48.5cm(無段階) | 昇降方式:ストッパー | ぐらつき防止:支柱4本/背部パイプ/高さ調節ネジ/クロスバー(着脱可) | 収納:パンチングボード
Bauhutte(バウヒュッテ) ローデスク BHD-700L
販売価格:Amazon16,977円
耐荷重:40Kg | 天板の幅:70cm | 天板の奥行:45cm | 自分の足:クロスバーを付けなければ延ばせる | 高さ:39~48.5cm(無段階) | 昇降方式:ストッパー | ぐらつき防止:支柱4本/背部パイプ/高さ調節ネジ/クロスバー(着脱可) | 収納:キーボードスライダー/パンチングボード
サンワサプライ ローデスク 100-DESKL009M
販売価格:Amazon8,980円
耐荷重:30Kg | 天板の幅:95cm | 天板の奥行:45cm | 自分の足:延ばせる | 高さ:40~55cm(3段階) | 昇降方式:ネジ | ぐらつき防止:天板裏パイプ/バックパネル/高さ調節ネジ | 収納:ケーブル配線口/電源タップラック
サンワサプライ ローデスク 100-DESKL011M
販売価格:Amazon12,800
耐荷重:20Kg | 天板の幅:93.6cm | 天板の奥行:47cm | 自分の足:延ばせる | 高さ:40~60cm(6段階) | 昇降方式:ダボ | ぐらつき防止:バックパネル | 収納:ケーブル配線口/電源タップラック
Bauhutte(バウヒュッテ) ゲーミングちゃぶ台 BHT-800
販売価格:Amazon15,932円
耐荷重:30Kg | 天板の幅:80cm | 天板の奥行:50cm | 自分の足:延ばせる | 高さ:33.4~44.5cm(無段階) | 昇降方式:ストッパー | ぐらつき防止:× | 収納:小物ネット
DORIS ゲーミングローデスク デンディ
販売価格:Amazon11,192
耐荷重:20Kg | 天板の幅:110cm | 天板の奥行:65cm | 自分の足:延ばせる | 高さ:42~52cm(3段階) | 昇降方式:手締めネジ | ぐらつき防止:高さ調節ネジ/背部パイプ | 収納:ヘッドホンラック/小物ラック/配線コード専用ラック/2口コンセント
タンスのゲン CYBER-GROUND 5680000100
販売価格:楽天市場13,800円
耐荷重:15Kg | 天板の幅:110cm | 天板の奥行:65cm | 自分の足:延ばせる | 高さ:40~50cm(3段階) | 昇降方式:手締めネジ | ぐらつき防止:高さ調節ネジ/背部パイプ | 収納:ヘッドホンラック/小物ラック/配線コード専用ラック
タンスのゲン CYBER-GROUND 5680000600
販売価格:楽天市場11,800
耐荷重:15Kg | 天板の幅:90cm | 天板の奥行:65cm | 自分の足:延ばせる | 高さ:40~50cm(3段階) | 昇降方式:手締めネジ | ぐらつき防止:高さ調節ネジ/背部パイプ | 収納:ヘッドホンラック/小物ラック/配線コード専用ラック
タンスのゲン CYBER-GROUND 56800010
販売価格:Amazon12,800円
耐荷重:15Kg | 天板の幅:90cm | 天板の奥行:45cm | 自分の足:延ばせない | 高さ:50~70cm(無段階) | 昇降方式:手締めネジ | ぐらつき防止:高さ調節ネジ/フレーム | 収納:キーボードスライダー

ロジクールG633s

最大11.1chサラウンドゲーミングヘッドセット『ロジクールG633s』

  • ユーザーアンケートを基に開発
  • 3.5mm 4極プラグ接続
  • 肌触り抜群のスポーツメッシュ・イヤーパット
  • ロジテック独自開発50mm PRO-Gドライバー
  • 3D立体音響DTS Headphone:X 2.0対応
  • 連動するRGBライティング

ASTRO Gaming ミックスアンプ プロ MixAmp Pro TR

PS5×『Astro MixAmp Pro TR』でTempest 3Dオーディオ レビュー


  • Tempest 3Dオーディオ or 5.1chサラウンドサウンド 両方使える
  • イコライザ設定可能
  • 4種のイコライザ設定を保存&切り替え可能
  • ノイズゲート機能搭載
  • ミキシング機能付き
  • PlayStationのボイチャとPC・スマホのボイチャのミキシングも可能
  • PCからのゲーム配信がカンタン
ゲーミングデスク ロータイプ
最新情報をチェックしよう!
>ASUSのゲーミング機能つきWi-Fiルーター

ASUSのゲーミング機能つきWi-Fiルーター

ゲーム向けの機能がついているASUSのWi-Fiルーター 7製品を比較、まとめてみました。

CTR IMG