PS4®をプレイできるスマホ『Xperia™ XZ Premium』が月2,980円〜

 2017年11月28日、『nuro mobile』より限定13,000台に限り、あの『Xperia™ XZ Premium』が月額2,980円+税〜販売されています。

2017年夏モデルとして2017年6月16日からNTTドコモより発売されている、SONYのハイエンドモデルのスマホです。『nuro mobile』は、ソニーグループが運営する格安SIMの会社。NTTドコモの通信網にて、とても安い値段で電話やインターネットができます。

今回は『nuro mobile』とNTTドコモから販売される、PS4®のプレイまでできるソニーのハイエンドスマホ『Xperia™ XZ Premium』をご紹介します。

目次

PS4で7.1chロジクールAstro A40TRヘッドセットMixAmp Pro TRレビュー

ロジクールG Astro A40 TR ヘッドセット+MixAmp Pro TR

プロゲーマーとゲームデザイナーと共同開発 PS4®に最適化

一番人気!PS4でも7.1ch可能なヘッドセット

PS4®のゲームが布団の中でもプレイできる

Xperia™ XZ Premium

出典: mobile.nuro.jp

公式サイト
nuro mobile

 

必要モノはPS4®・『Xperia™ XZ Premium』・「PS4 Remote Play」・Wi-Fi環境の4つ

 まるでスマホのゲームアプリのように、寝ながら横になってPS4®のゲームソフトを楽し無ことのできるスマホの1つです。テレビが1人1台ないような場合には、テレビの取り合いになりがち。そのような問題も『Xperia™ XZ Premium』なら解決することができます。

『Xperia™ XZ Premium』にてPS4®のゲームをプレイするにはPS4®はもちろん、「PS4 Remote Play(PS4®リモートプレイ)」アプリ・Wi-Fi環境が必要。新たにテレビやディスプレイを購入する必要もありませんし、テレビ・ディスプレイを置く場所を用意しなくても大丈夫です。

『Xperia™ XZ Premium』に、PS4®のワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK®4)が接続できる

 『Xperia™ XZ Premium』でPS4®のゲームをする場合、画面に透明なコントローラーが表示されます。ゲームをするには少し邪魔です。

そこで、アタッチメント付きのワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK®4)が販売されています。このコントローラーなら、上に『Xperia™ XZ Premium』を固定できます。Bluetooth接続が可能なので、使い慣れているコントローラーでも操作をすることができます。画面にコントローラーが表示されないのでゲームを快適に行うことができます。

4KかつHDR対応のディスプレイでPS4®のゲームを楽しめる

 「iPhone 8 Plus」のディスプレイの解像度は「フルHD」。「フルハイビジョン」や「2K」とも呼ばれています。きめ細やかさを表す数値にすると「401ppi」です。「iPhone X」は「458ppi」。高いほどきめ細やかです。

地デジの解像度は「ハイビジョン」なので、「iPhone 8 Plus」のディスプレイの解像度は約1.3倍。ppiはテレビの大きさによって変わります。画面が大きければ大きいほど引き伸ばさなければならず、画質がそれだけ荒くなり、ppiの数値が低くなります。

『Xperia™ XZ Premium』のディスプレイは5.5インチにして4Kの解像度を誇ります。きめ細やかさを表す数値はなんと「801ppi」。そんなにきめ細やかにしても人の目では差がわからないのではないかというくらいにきめ細やかです。

さらには「HDR」にも対応。「HDR」とは、自然界の光を再現できる技術をいいます。完全に再現することはまだできていませんが、「HDR」対応のディスプレイは、従来のディスプレイに比べて100倍自然界の光に近づけて再現できます。

明るい部分と暗い部分の違いがはっきりわかりますし、太陽光を見たときの眩しさをより感じやすくなり、リアルな映像を楽しむことができます。色彩もより現実に近く、明暗差だけでなく、奥行き感、立体感までリアルに再現されます。

「iPhone 7 Plus」を超える操作性能だから、ゲームを快適に楽しめる

 「iPhone 7 Plus」は、ゲームもストレスなく、快適に楽しめるほどの高い性能を持ったスマホ。ゲームアプリをよく楽しむ方には必要な性能といえます。3Dのとても綺麗なグラフィックのゲームでも、滑らかな動きでゲームを楽しむことができます。

『Xperia™ XZ Premium』は、「iPhone 7 Plus」と同じか少し高い性能。通信速度もとても速く、3Dゲームアプリはもちろん、PS4®のゲームも快適に楽しめるでしょう。

テレビも家のブルーレイの録画も視聴できる

 『Xperia™ XZ Premium』は、ワンセグとフルセグに対応。地上デジタルテレビ放送をスマホでタイムリーにいつでもどこでも楽しめます。地上デジタルテレビ放送と同じく高画質。インターネットとは別の電波なので、テレビの所長はタダ。通信料はかかりません。

『Xperia™ XZ Premium』のすぎおところはこれだけではありません。ソニー製ブルーレイディスクレコーダーをご利用の方であれば、録画した番組を外出先から遠隔操作。なんと、いつでもどこでも視聴できます。この機能は、インターネットに接続された状態でのみ視聴可能です。

ただし、事前にワイヤレス転送してあれば、圏外であっても視聴可能。有料の「Video & TV SideView」アプリのダウンロードが必要です。

音にも立体感、そして大迫力サウンドがよりリアルに再現

「ハイレゾ」対応

 『Xperia™ XZ Premium』は、ハイレゾ対応。CDの約3〜6倍もの高音質を楽しめます。

ステレオスピーカー

 『Xperia™ XZ Premium』には、スマホのおもて面に2つのスピーカーが配置されております。いわゆる「ステレオスピーカー」。右から聞こえる音は右のスピーカーから、左から聞こえる音は左のスピーカーから音が出ます。

立体的で現実に近いサウンドを実現

 「ステレオスピーカー」だけでも、このスマホが音にこだわっていることがわかりますがそれだけではありません。バーチャルサラウンド技術「S-Force フロントサラウンド」に対応。現実世界のように、360度から立体的に音が聞こ得るようにする技術で、映画館のような立体的なサウンドを体験できます。

騒音を約98%カット

 『Xperia™ XZ Premium』は、電車やバス、屋外などの気になる騒音を最大約98%もカットできる「デジタルノイズキャンセリング」に対応しています。

劣化音源もハイレゾ相当

 『Xperia™ XZ Premium』は「DSEE HX」に対応。あなたの音楽がハイレゾ音源でなくても、ハイレゾ相当の高音質にグレードアップ。

ワイヤレスでもハイレゾ相当

 ワイヤレスはとても便利ですが、デメリットは音が劣化してしまうところ。『Xperia™ XZ Premium』なら「LDAC™」「aptX™ HD」に対応しているので、ワイヤレスのイヤホン、ヘッドセット、スピーカーで音楽を聴いても「LDAC™」「aptX™ HD」に対応する製品ならハイレゾ相当です。

ソニーが開発・販売するイヤホン、ヘッドセット、スピーカーなら『Xperia™ XZ Premium』と同じデザイン。

バッテリーにも細やかな配慮

2年以上使えるいたわり充電

 スマホのバッテリーはおおよそ2年を経過すると、購入したての頃に比べてバッテリーが長持ちしなくなり、すぐに充電切れするようになります。そろそろ交換時期なのです。『Xperia™ XZ Premium』は、バッテリーをいたわりながら充電。長寿命化を実現しています。

「STAMINAモード」搭載でバッテリー長持ち

 また、「STAMINAモード」が用意されており、ゲームをするときはオフに、ゲームをしないときはオンにしたりして、バッテリーをできる限り長持ちさせることも可能。バッテリー切れの時間を予測してお知らせしてくれるのも、真心ある機能です。

「Quick Charge 3.0」に対応する充電器を購入すれば、◯倍速く充電可能

 『Xperia™ XZ Premium』は「Quick Charge 3.0」にも対応。「Quick Charge 3.0」に対応する充電器(別売)で充電すると、通常の充電器での充電より◯倍速く充電できます。一般的には4倍とありますが、『Xperia™ XZ Premium』に記載がないので◯倍としました。

使い勝手も良いのでストレスが溜まりにくい

「USB Type-C」だから、電気を消してからでも充電しやすい

 『Xperia™ XZ Premium』は「USB Type-C」に対応。「USB Type-C」は上下関係なく接続できるので、寝る前、電気を消してからでもストレスなく接続できます。

防水・防滴「IPX5/8」防塵「IP6X」だからお風呂やキッチンでも安心

 『Xperia™ XZ Premium』は、防水・防滴・防塵・3つとも最高等級。「水の侵入に対する保護等級」は0〜8。8は「常温かつ水道水の水深1.5mの水槽に本体を沈め、約30分間放置しても、内部に浸水しない。」という最も高い防水性能。

防滴性能は、「どの方向からも、直接水を噴流されても、内部に浸水しない。」という最も高い防滴性能。お風呂やキッチンでの使用も安心です。また、「粉塵が内部に侵入しない。」という防塵性能も最高等級。

最大5パターンの登録できる「指紋認証」

 『Xperia™ XZ Premium』は指紋認証センサーも搭載。画面のロック解除に数字を入力する手間が入りません。指先で電源ボタンに触れれば解除できます。

お買い物もスムーズな「おサイフケータイ®」搭載

 『Xperia™ XZ Premium』には「おサイフケータイ®」も搭載されているので、小銭や財布を持たずに気軽にコンビニなどでの買い物が可能です。

優秀な予測変換で文字入力がスムーズ、さらには文字の大きさやフォントの変更まで可能

 『Xperia™ XZ Premium』はSONYが開発・販売する日本のスマホ。予測変換や誤字の自動補正をしてくれる優秀な「POBox®」が搭載されているので文字入力がスムーズ。

目の悪い方や見やすい文字の種類にも変更可能で、大きさを変えたり、5種類のフォントから選択して変更ができます。

デジカメ並みのカメラ搭載だから綺麗な写真が撮れる

 『Xperia™ XZ Premium』は高解像度約1920万画素数のカメラが搭載されています。画素数だけで比較すると、他のスマホに比べて最も性能の良いカメラに消えるでしょうがそれは間違いです。写真を綺麗に撮れるかどうかは、画素数だけでは決まらないからです。むしろ、高解像度だけでは画質は低下します。

では、何が重要なのか。答えはイメージセンサーと画像処理エンジン、そしてレンズです。SONY(ソニー)はデジタルカメラの「サイバーショット」を開発・販売しています。『Xperia™ XZ Premium』にカメラは、画素数だけでなく、イメージセンサー、画像処理エンジン、レンズ全てにこだわられたカメラです。

光を集めることが得意なレンズを採用

 『Xperia™ XZ Premium』のレンズは光を集めることの得意。細部までくっきり再現できるほどに光を集め、明るい写真を撮りやすいレンズが採用されています。

コンパクトデジカメ並みに夜景を綺麗に撮影できるイメージセンサー

 良いレンズが光をたくさん集めてくれても、その光が漏れてしまっては意味がありません。しかし、『Xperia™ XZ Premium』のイメージセンサーの大きさはデジカメ並みの大きさ。レンズが集めた光を漏らさずしっかり受け止めることのできる大きなコップなので、色は質感まで綺麗に再現。太陽光がなく、光の少ない夜景やイルミネーションなどの撮影であっても、明るく綺麗に撮影できます。

頭の良い画像処理エンジンが写真を綺麗に仕上げる

 デジタルカメラの「サイバーショット」にも採用される画像処理エンジン「BIONZ」は頭の良い画像処理エンジン。スムーズかつ現実に近い綺麗な画像に仕上げてくれます。

美しい写真撮影を手助けするたくさんの機能

 笑顔を検知して自動でシャッター。スーパースローモーションやオートフォーカスしながら連写。暗い場所でも瞬時にオートフォーカスできるレーザーオートフォーカス。撮影時の光源を正確に認識・調整する高精度センサー。

13種類のシーンに合わせた撮影機能。4K動画の撮影。高性能セルフィー(自撮り)カメラ。360度3D撮影。優秀な手振れ補正機能。ハンドシャッター。写真撮影後の加工など、様々な機能が用意されております。

NTTドコモでも販売中の高性能スマホ『Xperia™ XZ Premium』が、nuroモバイルなら毎月2,980円+税〜

 SONY(ソニー)が開発する、現在のスマホの中で最も高性能なスマホの1つ『Xperia™ XZ Premium』は、もともとNTTドコモの2017年夏モデルとして2017年6月16日発売された製品です。

nuro mobile』とは、ソニーグループのソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が運営する格安SIMの会社。『nuro mobile』では、NTTドコモの通信を借りて、移動通信の会社を運営しています。

2017年11月28日から、限定13,000台に限り、格安SIMの『nuro mobile』からも『Xperia™ XZ Premium』が販売されています。端末は、一括購入もできますが、3年の分割払いでの契約の場合、端末代(分割)込みでなんと月額2,980円+税から購入可能。

価格は安くても、NTTドコモの回線にて、電話もメールもLINEなどのSNSも、アプリも、NTTドコモでのスマホと同じサービスの利用が可能です。契約プランには、「10分かけ放題」はありますが、NTTドコモと同じような「カケホーダイプラン」はありません。

端末代と通信費用込みで通常毎月8,000円前後するものが、毎月2,980円+税から購入できる『nuro mobile』の『Xperia™ XZ Premium』はとてもお得です。

 

Xperia™ XZ Premium
13,000台限定
nuro mobile
http://mobile.nuro.jp/
リーズナブル プラン
端末料金:(分割36回)2,685円
契約プラン:(音声通話付き)700円
容量・時間:(2GB)700円
音声通話プラン割引:(1年目)-1,105円
音声通話プラン割引:(2年目)-105円
音声通話プラン割引:(3年目)-105円
リーズナブル プラン 月額合計
1年目(月額)2,980円+税
2年目(月額)3,980円+税
3年目(月額)3,980円+税
4年目(月額)1,400円+税

 NTTドコモなどでおすすめされるモバイルデータ通信量(パケット通信量)5GBのプランもあります。5GBは1,300円ですので、上記の「リーズナブル プラン」にプラス600円。3GBは900円なので、プラス200円。

 いかがでしたか。今回は『nuro mobile』とNTTドコモから販売される、PS4®のプレイまでできるソニーのハイエンドスマホ『Xperia™ XZ Premium』をご紹介しました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

PS4で7.1chの臨場感FPS向け『Kingston HyperX Cloud Revolver S』

Kingston HyperX Cloud Revolver S

USB接続だけで、PCもPS4も「7.1chバーチャルサラウンド」

PS4でも7.1ch+無遅延ワイヤレスヘッドセット『Razer Thresher 7.1』

Razer Thresher 7.1(RZ04-02230100-R3M1)

充電1回で最大16時間も持続するのに約402g

大人気!PS4でも7.1ch可能なヘッドセット
Xperia™ XZ Premium
最新情報をチェックしよう!
>ともえげーむNi

ともえげーむNi

ともえげーむNiは、ニンテンドースイッチ ゲーマーという冒険者たちが、信頼を寄せる武器や防具(ゲーミングデバイスや不健康防止アイテム)に出会えるようサポートし、居場所の和を深めます。

CTR IMG